06/24/14

ダイエットに有効なキャベツ調理方法

ひとくちにキャベツダイエットと言ってもそのやり方はさまざまです。キャベツを食前に食べたり、主食に置き換えたりしないやり方もあるのです。一日の食事の中にとにかくたくさんキャベツを取り入れて食べるようにするというやり方のキャベツダイエットです。キャベツダイエットでは、基本的にはキャベツを生で食べます。ですがキャベツは煮ても焼いてもダイエットに効果的なヘルシー食材です。何故ならそのほとんどが水分と食物繊維でできているからです。いつもキャベツを冷蔵庫に常備して、日々んぼ食事メニューに積極的に利用するとよいでしょう。キャベツは品種をかえれば1年中手に入る食材です。ダイエットのためにもキャベツを使えば使うほどカロリー控えめのヘルシー料理になります。キャベツダイエットでは、とにかくいろいろな方法でキャベツをたっぷり食べます。調味料などに高カロリーなものを使ってしまうと、せっかくのキャベツ料理もカロリーが上がって意味がありません。そのためノンオイルのドレッシングやお浸しなどにして食べるようにしましょう。キャベツダイエットではキャベツを味付けしないのがベストです。そうは言っても毎日のことですから、塩やしょう油、レモン汁、ポン酢、ノンオイルドレッシングなどで飽きないように味を変えてみるとよいでしょう。けれどマヨネーズはカロリーを押さえるためにも控えたほうが無難でしょう。

06/15/14

キャベツで効果的にダイエットをする方法

パンやご飯などの炭水化物の代わりに、千切りやざく切りにしたキャベツを食べるというキャベツダイエットという方法があります。嗜好さえあえばダイエットに有効な方法といえます。ただし、キャベツを食べる際に油をたくさん使ったドレッシングなどをかけてしまっては意味がありません。このキャベツダイエットでは、キャベツを主食の代わりにするわけです。他のおかずなどと一緒に、味をつけずにキャベツを食べるようにするとよいでしょう。主食の炭水化物がローカロリーのキャベツになります。ということは1日のカロリー摂取量が大幅にダウンしますので、ダイエット効果があるといえるでしょう。ですがキャベツダイエットがキャベツ断食に近いものになるとよくありません。おかずを少なくしすぎることのないように気をつけましょう。食事をする前にある一定量のキャベツを食べることによって、満腹中枢を刺激することができます。これはキャベツを食べるときにたくさん咀嚼するためです。キャベツを食べた後は食事量が少なくても満腹感を得られます。それがこのキャベツダイエット法です。食感がシャキシャキとしていて、食物繊維が豊富なキャベツは、しっかりと噛まないと飲み込むことができません。これにより自然と咀嚼する回数が増えて、より効果的にキャベツダイエットをすることになるのです。

06/5/14

キャベツダイエットとは

いろいろな種類のダイエット方法がこの世の中にはあります。食事制限など食事を工夫してダイエットを行う法方も数々ありますが、最近よく耳にするダイエット法にキャベツダイエットがあります。100gあたり23kcalしかないローカロリーの食材であるキャベツは、食物繊維やビタミンCも豊富に含んでいます。このキャベツはダイエットをするときには便利な食材です。キャベツの特徴を生かして積極的にキャベツを使ってダイエットを成功させようというのが、このキャベツダイエットです。キャベツダイエットの仕方には、いくつかの法方があります。そのひとつは生や茹でたキャベツのみを一定期間食べ続けるというダイエット方法です。けれどキャベツだけでは人間が生きるうえで必要な栄養素がまったく足りません。ですからこれはキャベツ断食といってもいいでしょう。そういうわけですから、このダイエット方法はあくまでも一定の期間だけのものということになります。長期間このダイエット方法を続けることはおすすめできません。栄養失調の危険があるからです。ちょっと食べすぎが続いて体に余計な脂肪や老廃物がたまっている、というときには良いかもしれません。体を浄化するために、ある一定のわずかな期間この断食風ダイエットを行うことは問題ないでしょう。