キャベツで効果的にダイエットをする方法

パンやご飯などの炭水化物の代わりに、千切りやざく切りにしたキャベツを食べるというキャベツダイエットという方法があります。嗜好さえあえばダイエットに有効な方法といえます。ただし、キャベツを食べる際に油をたくさん使ったドレッシングなどをかけてしまっては意味がありません。このキャベツダイエットでは、キャベツを主食の代わりにするわけです。他のおかずなどと一緒に、味をつけずにキャベツを食べるようにするとよいでしょう。主食の炭水化物がローカロリーのキャベツになります。ということは1日のカロリー摂取量が大幅にダウンしますので、ダイエット効果があるといえるでしょう。ですがキャベツダイエットがキャベツ断食に近いものになるとよくありません。おかずを少なくしすぎることのないように気をつけましょう。食事をする前にある一定量のキャベツを食べることによって、満腹中枢を刺激することができます。これはキャベツを食べるときにたくさん咀嚼するためです。キャベツを食べた後は食事量が少なくても満腹感を得られます。それがこのキャベツダイエット法です。食感がシャキシャキとしていて、食物繊維が豊富なキャベツは、しっかりと噛まないと飲み込むことができません。これにより自然と咀嚼する回数が増えて、より効果的にキャベツダイエットをすることになるのです。